読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TUGU el 3 (まるだし版)

からだをみる人のあたまの中

「価値観はそう簡単に変わらない」という言葉をどう受け取るか。

日記 頭の中

例えば。
電車の中で大声を出していたり、
人混みの中で飛び跳ねていたり。
そんな時でも彼らは投げられた汚い言葉や視線を理解して受け取っているということ。これだけは知っていてほしいなと、これを観て思いました。

 

http://www.dailymotion.com/video/x54zaz7

 

障がいがあるからかわいそう
ガンになってかわいそう
病気になってかわいそう
意識不明の重体でかわいそう
交通事故してかわいそう
地震が起きてかわいそう
愛する人が死んでかわいそう
片親でかわいそう
ひどい親でかわいそう
受験に落ちてかわいそう
仕事がなくてかわいそう
仕事が忙しくてかわいそう

 

まぁなんでもいいんだけど。
かわいそうがってる人、かわいそうがられてる人、それをネタにがんばってますとアピールする人、わたしは大嫌いです。
その関係性では何も生まないのに何か生まれてるふうになっていてものすごく違和感を感じてしまう。

 

それをどう受け止め、
自分に何ができるか、
それだけでしかないと思う。

 

この自閉症の人が13歳のときの自分へ送った
「人生は短い」という言葉みたいに。